飲食業の妻(手描きチラシコンサルタント)のブログ

毎日閑古鳥から半年で売上を6倍にしたシェフの妻Kaoriの集客術あれこれ

【自営業の奥様へ ⑥怪しい】

飲食業の妻、Kaoriです。

私は、本心を言えない人間でした。

小さいとき、本当は可愛いスカートが欲しかったのに、
大人っぽいほうを買ってもらいました。

中学のとき、バスケ部に入りたかったけど、
気づいたらテニス部に入ってました。

本心を言わないほうが、
周りが幸せになるに違いない。

そう思いました。

社会人になって、初めて自分を見直しました。

そつなくこなせると思っていた自分は、
単にブレーキを踏み続けている人間でした。

嫌われることを恐れずに、本心を貫くこと。

本当にやりたいことを「やりたい」と主張すること。

そんな当たり前のことに気づいたのは、
仕事に夢中になれたときだと思います。



それでは、前回の続きです。

********************
私は前職で、マーケティングや広告理論など
少なからず勉強をしてきました。

一方、夫はマーケティングなどについては、
勉強する機会がこれまでありませんでした。

これまで勤めていた職場では、
販促のことは全てオーナーに任せていたからです。

だから、店長職と言っても
スタッフに指示を出し、
料理を作り、
気持ち良い接客をし、
集計と発注をする。

それができればOKでした。

けれど、
それだけでは「経営」を持続できないことに、
夫は気づきました。

「手描きチラシ」は売上をV字回復させるほどの破壊力があった。

新規集客の柱が1つでき、
さらにもう1つ柱を作っておきたい。

メルマガも配信してますが、
イマイチな結果です。

夫は決意し、休日にあるセミナーへ参加していました。

それは…

「コピーライティング」のセミナーでした。

夫は、家に帰ってくるなり、
セミナーの内容や、
セミナーの先生がどんなにすごい人か、
を私に熱く語り始めました。

ですが…

「セミナー」という響きがまず怪しいし、、、
高額なものを売りつけられるアレでしょ?

私には、
「純粋な夫が騙されてる…」
としか思えませんでした。

てか、
「私だってそのぐらいのこと知ってるし!」

と、“不信感”と“怒り”がこみ上げてきたのを覚えています。

そして、
「長続きしないだろう」と、
右から左に流して聞いてました。



しかし、数日後ーーー

夫は、その先生のセミナーに
また参加すると言い出したのです。

しかも、
前回は無料だったけど、、、

今回は結構な額のセミナー代!!
(当時のうちにとっては)

夫は、財布の紐を握っていた私に、
「どうしても行きたいから、貸してほしい」
と、頼みこんできました。

“どうする私………?”
“もしかしたら、騙されてるかも?”

「・・・・」


夫は、結婚してから私に自分が欲しいものを
言ったことはありませんでした。
自分のものもほとんど買わない人です。
厨房にずっとこもってました。

だから、
「たまには好きなことにお金を使わせてあげたい。」
「外の空気も吸ってほしい。」

そんな風に思いました。

何より、水を得た魚のように、
夫の目がイキイキしていたのです。


おかしいと思ったら、退散すればいい。
命まで取られないし…

えーーい!

「しっかり勉強して、また教えて!」
と、背中を押すことにしました。


さて、

私の決断は、
合っていたのか?
間違っていたのか?

次回⑦に続く…

#飲食業の妻
#手描きチラシ
#家族の笑顔が元気の源
#プラスブレスト

{6FA23D1D-621E-4484-A73F-CE59EAC68165}
※↑最近作成さた手描きチラシ(折込み)。3万前後の経費で、売上は10倍以上!


【自営業の奥様へ⑤ 裏切り】

飲食業の妻、Kaoriです。

「なぜ」から「どうしたら」

に発想を変えたとき、
物事がうまくいくことがありませんか?



静岡県に縁もゆかりもない私たちが
静岡に移住して、10年になりました。

もともと遠距離恋愛だった私たち。

結婚を考えたときに、
2人がそれぞれ住んでいた真ん中あたりが
ちょうどいいかも?というノリで、
「静岡」で暮らすことを選びました。

(若気の至りです…)

住んでみると、文化の違いもあり、
働く上でも色々な葛藤があり…

当初は、

「なぜ受け容れてもらえないのか」

と、思い悩んだ時期もありました。

あるときふと、
「どうしたら受け容れてもらえるのか」
と、思いを巡らせてみたら、

行動が変わっていき、
色々なことが好転しはじめました。

発想の転換て、大事ですね。



さて、前回の続きです。
********************

販促費をかけるお金がなかった私は、
経験と情報、そして“魂”を込めて

世界に1つしかない「手描きチラシ」を
作りました。

配布をアウトソースすると、
これまたお金がかかるので、

仕込みの間や、店を閉めたあとに、
夫が一軒一軒回って、ポスティングをしました。
毎日100軒以上配布していたと思います。

私はもう赤ちゃんがいつ産まれてもおかしくない状態だったので、

毎日ポスティングが終わって、
夜中の2時くらいに帰ってくる夫に
ご飯を作ることしかできませんでしたしょぼん


これまで、
内装をアレンジしたり、
メニューを変えたり、
ショップカードを作ったり、
ツイッターを始めたり、
ホームページを使ったり…

なんやかやと、思いつくままに、
人に勧められるがままに、

自分の意志ではなく、
人に完全にお任せして、
やってきました。

そして、
「これだ!」という確信がもてる
結果に結びつきませんでした。

「手描きチラシ」は、私と夫が、
初めて「意志」をもって作った販促ツール。

これがダメだったら、
産まれてくる子のためにも、
違う道を選んだほうが良いかも…

と、正直思いました。

どんなときも明るい私たちが、
どんよりとしていた時期でした。

今回もダメかもしれない…


ところが、

手描きチラシを配布し始めて数日後、
じわじわと電話が鳴り始めました。

それは、
「チラシ見ました!」
というご予約の電話でした。

しかも、
夫が買出しをしていると、
「あのチラシの方ですよね?」
と、見ず知らずの方に声をかけられることもあったそうですえっ

日に日に、お客様が増えていき、
20席が予約で埋まる日が出始めました。

私たちの不安とは裏腹に、
うれしい裏切りでしたラブラブ!

ランチは圧倒的に近所の主婦さんが多かったのですが、

「近くにこんなお店があるなんて、知らなかった!」

と、仰っている方が多かったそうです。

オープンから3ヵ月も経って、
ご近所なのに存在すら知られていなかったのは、寂しいことですが…

私たちが知らせてこなかった
   =広告してこなかった
ことが証明された一言でした。

“根拠”のある「手描きチラシ」が
これだけ効果を発揮することを知り、
販促の虜になった私たち。

しかし、

今度は夫が、
私に不信感を募らせる
“驚きの行動”を始めました。


続きは、⑥にて…

{4B79DF10-EC50-481B-9735-6E27A75F0E26}
↑※最初に反響がでた手描きチラシ。家宝です。


********************
手描きチラシ個別指導の情報はこちらビックリマーク


【自営業の奥様へ ④アナログでもできること】

飲食業の妻、Kaoriです。

「あなたの長所は何ですか?」

こう質問すると、考え込んでしまう方が多いです。
逆に、短所を聞くと、スラスラと出てきてしまいます。

いや、もっといいところがたくさんありますよ。
と思うのですが、

「自分のことは自分が一番知らない。」

わけです。(謙遜している場合もありますが)

自分の店に関してもそうです。

オープン時は、意気揚々といきますが、
うまくいかなくなってくると、

自分の店(スキル)のどこが良いのか、
どこに価値があるのか、

ウリがわからなくなってしまいます。

だから、軸がブレてしまう。

私の思う、

「妻が販促を手伝うメリット」は、
身内でありながら、他人の目線も持てること。

スタッフだとなかなか言えないことも、
妻は、他人の目線でズバッと言うこともできます。

ただ、そこに“根拠”がないと、
「説教」や「愚痴」に聞こえてしまい、

「素人が口出すなむかっ
となり、夫婦の間に溝ができてしまいます。

男としてのプライドも立てながら、
“根拠”のあるアドバイスをするべきです。

頭の良い奥様はご存知のことですよね。

それでは、前回からの続きです…


手描きでチラシを作ることを決めた私。

ネットで「手描きチラシ」の画像検索をしていて、あることを思い出しました。

「アイキャッチだ!」

私は大手広告会社に勤めていました。

数年前に担当していたA社は、
とても広告の勉強をされているTさんという方が採用担当でした。

Tさんは、掲載した全ての自社広告をスクラップされていて、
効果の良し悪しをご自身でまとめられているほど熱心な方でした。

Tさんがよく仰っていたのは、
「アイキャッチ」という言葉でした。

Tさんのいう「アイキャッチ」とは、
効果が良い広告は「目が合う」ものだと。

広告業界でいう「アイキャッチ」の意味とは少し異なりますが、

確かに、人物写真で視線がまっすぐのものは、
自ずと目が止まります。

Tさんが細かく結果を書き込んだスクラップを拝見していると、
それは確信できる“根拠”でした。

チラシを利用するのであれば、
毎日無雑作にポストに投函されたチラシの中で、

ハッと、目が止まる(留まる)もの
でなくてはならない。

そして、
手に取り、内容を読み、
捨てずに冷蔵庫に貼っておいてもらいたい。

そのために、まず
私がチラシにまずデカデカと描いたのは、

“夫の似顔絵”

でした。

(この似顔絵、一筆書きのようですが、
旦那にそっくりなんです…)

あとは、
手に取った人が知りたい情報を、
わかりやすく伝えること。

これは、多くの広告に言えることですが、

自分が言いたいことを
一方的に書いている

そんな広告が多いんです。

だから、
「私には関係ない」
と捨てられてしまいます。

“「誰に」「何を」伝えるか”

広告は、「ラブレター」です。

チラシを手に取る主婦さんが、

見るor見ない
取っとくor捨てる

と、瞬時に判断する

そのときに、
心を揺さぶるものであるチラシにするため、

A4という紙の中に、
「アイキャッチ」をはじめ、
これまで現場で学んだ広告理論を
散りばめました。

チラシをフォトショやイラレで綺麗に作れる方にとっては、
「手描きチラシ〜?!」
と、鼻で笑ってしまうかもしれません。

例え笑われたとしても、
お金がない中で、
魂を込めて作った「手描きチラシ」。

カラーコピーはお金がかかるから、
モノクロでコピー。

このご時世で、時代遅れかもしれないけれど、
夫は私を信じて、
夜な夜な一軒一軒配布して回りました。

さて、結果はいかに…はてなマーク

⑤へ続く…


手描きチラシ個別指導の情報はこちらビックリマーク